マイオピンについて

近視の進行抑制薬マイオピンについて

はじめに

 

近視の危険性

近視とは遠くを見た際にピントが合わず見えにくく、手元はちゃんと見える症状のことをいいます。日本人は他国の人と比べて近視の方が多く、およそ4000万人がいるといわれています。通常、眼鏡やコンタクトレンズをつければ支障なく日常生活を送ることができますが、近視が進行すると新生血管黄斑症、網膜剥離、または緑内障に発展する可能性があります。

点眼薬による近視を抑制する治療

近視のを治療する方法は幾つかあります。レーシックに代表される手術治療、オルソケラトロジーというコンタクトレンズを装用しての治療など様々ですが、治療法の一つとして点眼薬をさして近視を抑制する方法があります。その点眼薬にはアトロピン成分が含まれているのが特徴です。

従来の副作用を克服した点眼薬「マイオピン」

アトロピンが配合されている点眼薬は1960年代から治療に使用されていますが、幾つか副作用が存在していました。例えば、まぶしさによる不快感や目の痛み、近くの物がぼやけて見える、アレルギー性結膜炎及び皮膚炎等があげられます。これらの副作用を克服したのがシンガポール国立眼科センター(Singapore National Eye Centre)の研究に基づいて開発された点眼薬「マイオピン」です。従来の点眼薬はアトロピンの濃度が1%の物を使用していましたが、マイオピンは0.01%という低濃度のアトロピンの点眼薬のため、先述した副作用が出ません。

マイオピンの特徴

近視の進行を遅らせます

近視の進行を平均60パーセント軽減させるとシンガポールの治験では結果を出しています。但し日本での治験では平均20〜30%の軽減だろうと言われています。有効な効果を得るために少なくとも2年以上の使用の継続をしてください。

安全性が高いです

研究開発したシンガポール国立眼科センターの調査によると、アレルギー性結膜炎及び皮膚炎が発症したり、白内障を形成したりといった副作用が生じた報告がありません。

日中の光のまぶしさに阻害されません

配合されている成分のアトロピンは瞳孔をひらかせますが、濃度を低くしているため日中の光のまぶしさに影響が及ばされず、サングラスも必要ありません。

手元を見る作業に影響が及びません

目の遠近調節機能(手元を見る作業)にほとんど影響を与えないため、本を読んだり、字を書いたりするような作業を妨げません。

作業量がほぼありません

マイオピンは毎日就寝前に1滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法です。煩雑な作業はありません。

 

1か月使い切りで衛生的です

点眼薬は1本5㎖です。毎日1回使用しても、両眼用で1カ月の使い切りですので、衛生的に使用することができます。

品質管理が徹底されています

点眼薬はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の工場で製造されています。

マイオピンの価格

マイオピンの治療は自費診療です。料金は1本3000円、自費診療による診察(視力検査含む)2,000円です。1~3か月毎に受診をお願いしております。