緑内障治療は早期発見と継続治療が大切です。

まずはお気軽にご相談ください。

こちらをタップすると電話がかかります

077-511-9555

077-511-9555 月~土9:00~12:00
月・水・金16:00~18:00(日・祝休診)

24時間受付中 お問い合わせはこちら

自覚症状が無いので後回し。
70代で後悔される方が
たくさんおられます。

緑内障は、ほとんどの場合、症状が進行するまで自覚症状がないため、検査(眼圧、眼底、視野など)によってはじめて緑内障と診断されます。

そして、緑内障は一度発症すると失った視野は二度と戻ることが無く、完全に治すこともできません。
にも関わらず、自覚症状が無いため、緑内障と診断されても、眼科にいくことを後回しにされることが多く、自覚症状が出てから治療に来られ、結果手遅れとなり、後悔されているケースを数多く見てきました。

「今」だからこそ将来、目に困らない選択ができます。ご不安なこともあるかと思いますので、まずはご相談くださいませ。

40代でも20人に1人は緑内障にかかっています。

20人に1人イメージ

緑内障は決して珍しい病気ではありません。
40代でも約20人に1人は緑内障であるとされています。自覚症状がなく、眼科受診時に初めて気付いたという方が多くを占めています。
緑内障は一度発症すると、元に戻すことができない病気です。
簡易検査だけでは見つけられない場合もございますので、40歳を過ぎたら、定期的に眼科で専門的な検査を受け、正しく治療をすることが大切です。
さらに、近眼または遠視の方、緑内障を発症されたご家族がいらっしゃる方は特に注意が必要です。

ご自身だけでなく、40歳以上で定期的な眼科検査を受けていない方、緑内障と診断されたものの治療を後回しにしてしまっている方がおられましたら、受診を勧めてあげてください。

フクロウアイコン

なぜ、早期の緑内障治療が
重要なのか?

年齢と比例した視野の欠けるスピードグラフ

緑内障は治すことができない病気です。
ですので、緑内障治療でできることは、視野が欠けるスピードを緩やかにすることです。
視野が欠けるスピードを緩やかにするには、治療により眼圧を下げる必要があります。眼圧を下げずに放っておくと視野はじわじわ欠けていき、いずれは失明する可能性があるからです。
早期の緑内障治療により、視野が欠けるスピードを緩やかにすることで、将来生活が不自由になるレベルの視野が欠けることを防ぐことができます。

緑内障治療で最も大事な2つの
「続ける」こと

  • 01

    点眼アイコン

    点眼を続ける

    緑内障治療の基本は、視野が欠けるスピードをを緩やかにすることです。そのためには毎日、目薬をきちんと使って眼圧を下げる必要があります。
    緑内障は回復する病気ではありません。毎日続けることで、視野を保っていくことができます。

  • 02

    点眼アイコン

    治療に通うことを続ける

    日々、目の状態は変化していきます。その時の状態に合わせて、適切な治療を行うことが緑内障治療では大切ですので、定期的な治療に通っていただくことが不可欠です。
    通院が負担にならないよう、状態を見極めて治療頻度を調整いたします。

ひの眼科が選ばれる理由

  • 通院の基本は3カ月に1回

    継続して点眼を続けてくださる方は、3カ月に1回のみの通院で治療の継続が可能です。初回や症状によっては1カ月に1回来ていただく場合もございますが、通院が患者様の負担にならないよう、配慮いたします。

  • 視能訓練士が3名在籍

    当クリニックには、視機能のスペシャリストである「視能訓練士」が在籍しております。通常のクリニックでは対応が難しい進行してしまった緑内障検査等、機械任せではできない、専門性の高い検査を受けていただくことが可能です。

  • 一人ひとりに合った対応が可能
    充実した設備

    眼底や網膜の状態を断層画像にして観察できる、3次元眼底画像撮影装置(OCT)という器械を導入しております。これにより、緑内障の早期発見・精度の高い治療が可能となっています。
    また、新たな治療方法にも積極的に取り組み、患者様に合った治療を行える体制を整えています。

  • 状態変化を見逃さず
    迅速な対応

    患者様の状態に合わせた治療が提供できるよう、日々、技術と知識に磨きをかけています。あらゆる可能性を考えながら、高精度な検査と技術で迅速に対応させていただきます。

緑内障治療は早期発見と継続治療が大切です。

まずはお気軽に
ご相談ください。

こちらをタップすると電話がかかります

077-511-9555

077-511-9555 月~土9:00~12:00
月・水・金16:00~18:00(日・祝休診)

24時間受付中 お問い合わせはこちら

  • 白内障と緑内障を併発
    されている方へ

    他院で治療を断られた方
    ご相談ください。

    緑内障と白内障を併発していて、他院で白内障手術を断られて当院にご相談に来られる方がいらっしゃいます。実際に、緑内障と白内障を併発していると手術のリスクが上がるためにそこまでの治療には対応しないと決めている眼科も多くあるのが現状です。ひの眼科では、様々なケースを想定した治療体制(医療機器、手術方法、医師のスキル)を整えているので、緑内障と白内障を併発している場合でも手術を実施できます。むしろ、同時に手術をすべき場合もございます。ぜひご相談くださいませ。

  • 緑内障が不安な方へ
    緑内障検査をお受けください。

    時間がかからず、痛みもありません。

    緑内障の診断までは、いくつかの検査を受けていただく必要がありますが、いずれも痛みを伴うものではございません。
    リラックスして検査を受けていただける環境を整えております。少しでも疑わしい、不安に感じられることがあれば、ぜひ検査にお越しください。

  • 緑内障治療を
    ドロップアウトされた方へ

    是非ご相談ください。

    視野を保つには、緑内障の治療を続けることが不可欠です。当クリニックでは、治療体制(医療機器、手術方法、医師のスキル)を整えておりますので、状態に合わせた検査・治療がございます。

緑内障でよくあるご質問

ここに内容が入りますここに内容が入ります

白内障があるのですが、緑内障の手術は受けられますか?
同時に受けていただくことが可能です。むしろ、緑内障治療に合わせて、白内障手術を早めた方がよい場合もございます。
まずはご相談いただければと思います。
緑内障が進行しやすい人はいますか?
近眼または遠視の方、緑内障を発症されたご家族がいらっしゃる方は特に注意が必要です。
緑内障になると、必ず失明してしまうのでしょうか?
いいえ。早期発見と適切な治療を継続することで、視野を保つことができます。

MESSAGE

院長から皆様へ

院長イメージ

緑内障はご自身では気付きにくく、自覚症状が出るころには手遅れになっていることも多い病気です。
高齢の方に多いと思われがちですが、実は40歳を過ぎると20人に1人は緑内障になっているというデータもあります。残念ながら緑内障は完治しない病気ではありますが、早期に発見して、適切な治療を続けることで視野を保っていくことができます。

一人でも多くの方に、きちんと治療を受けていただき、一生いい視野で過ごしていただきたいと願っています。緑内障が疑われる方は、一刻も早く治療を始めましょう。

また、当クリニックでは、白内障の手術と同時に緑内障の治療を行うことが可能です。
白内障は90歳までに誰もがかかる病気ですので、これと同じタイミングで緑内障の治療ができれば、患者様の負担を大きく減らすことが可能です。

お一人お一人の患者さんに最善の治療が行えるよう心がけておりますので、お気軽にご相談ください。

当クリニックで緑内障治療を
受けるうえで
皆様に3つ約束して
いただきたいことがあります。

  • 01

    点眼を必ずして
    いただくこと

  • 02

    必ず受診にきて
    いただきたいこと

  • 03

    決してドロップ
    アウトしないこと

皆さまの将来のために、私たちひの眼科は、本気で緑内障の治療に取り組みます。
ですので、皆様に3つの約束を守っていただきたい。心からそう思っています。

緑内障治療は早期発見と継続治療が大切です。

まずはお気軽に
ご相談ください。

こちらをタップすると電話がかかります

077-511-9555

077-511-9555 月~土9:00~12:00
月・水・金16:00~18:00(日・祝休診)

24時間受付中 お問い合わせはこちら