緑内障は、早期発見・治療が失明を避けるカギです。少しでもご不安があれば、まずはご相談ください。

緑内障とは?

緑内障の仕組みイメージ

緑内障は、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。主に、房水(目の中を循環する透明な液体)の流れが滞ることで、眼圧(眼の硬さを表す数値)が上昇し、視神経が圧迫されておこると言われています。
治療が遅れると失明に至ることもある病気です。しかし、症状の進行が非常にゆっくりなため、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。
ちなみに40歳以上の方の20人の内1人は緑内障ですが、なんと9割の方がまだ気づいていないと考えられています。

特に注意が必要な方

  • 検診で視神経乳頭陥凹拡大が見られる
  • 近視、遠視の強い方
  • 眼圧が高い方
  • 家族に緑内障の人がいる方
  • 高齢者

緑内障の症状

緑内障の症状は初期には気づきにくいのが特徴です。

  • 視野が狭くなる
  • あるはずのものを見落とす
  • 検診で視神経乳頭陥凹拡大を指摘された

緑内障の一般的な症状としては、見えている部分が段々狭くなってくる、物を見落としてしまうことです。
緑内障の進行は遅く、また、普段は両目で見ているため、初期は自覚症状がない方がほとんどで、気づいたときにはかなり進行して眼科を受診される方が多いです。視野が欠けた部分は脳が周りの視野から想像したものが見えるため、真っ暗に感じることはなく、下の画像のように背景は見えるのに物が消えるという感覚になります。
緑内障で欠けてしまった部分の視野は戻すことはできません。治療が遅れると失明に至ることもあり、早期発見・早期治療が最も重要な病気なので、定期的な眼科検診を心掛けましょう。

緑内障の見え方のイメージと欠けてしまった視野のイメージ

※片眼で見た場合のイメージ図

正常眼の視野イメージと対応するグレースケール

緑内障初期の視野イメージと対応するグレースケール
(黄色のマークは患者の固視点)

緑内障後期の視野イメージと対応するグレースケール
(黄色のマークは患者の固視点)

緑内障の検査

緑内障は早期発見、早期治療が大切です。
当眼科クリニックでは、最新機器で精密な検査を行い、わかりやすく病状をご説明いたします。

緑内障かどうかを調べるには眼圧、眼底、視野検査などの検査が必要になります。

緑内障の検査項目

  • 眼圧を測定する
  • 視神経を顕微鏡で観察する
  • 視野検査で測定する
  • OCTで視神経の周囲の厚みを測定する

眼圧は高いほど緑内障を起こしやすいと言われていますが、適切な眼圧はお一人お一人違い、低眼圧でも緑内障が起こることがあります。特に、日本人は正常眼圧であるにもかかわらず緑内障の症状が現れる「正常眼圧緑内障」の割合がとても高いです。
また、視野検査などでは50%以上の視野が欠損してからでないと異常が確認できない場合があります。
そのため、ひの眼科クリニックでは、OCTと呼ばれる機械で視神経を観察し、緑内障の早期発見を目指しています。

OCTとは、Optical Coherence Tomography(光干渉断層計)の略で、安全に眼の組織の断面像を観察することができる検査装置です。
OCTを用いることにより、従来の診察ではわからない視神経乳頭周囲の神経線維の厚みの減少をとらえることで、緑内障の初期変化や経過観察がわかるようになりました。
特に、ひの眼科クリニックでは、緑内障の早期発見・治療のため、OCTは、高解像度かつ世界最速のスキャン速度ものを使用しております。検査データは診察室の良く見える位置にあるモニターに映し、わかりやすくご説明いたします。

緑内障の治療

緑内障の唯一の有効な治療は、眼圧を下げることです。眼圧の上昇によって一度障害を受けた視神経は残念ながら回復することは難しく、進行抑制が治療目的となるため、より早期から治療を行い、視野が欠けていくのを遅らせることが重要です。まずは眼圧を下げる点眼薬を処方いたします。房水の流出を促進する作用のある点眼薬や房水の産生を抑制する点眼薬などがありますが、向き不向きがあるので相談しながらお薬を変えていきます。通常は単剤投与から初めて、目標眼圧まで下がらなければ順次2~4剤投与へと治療強化していきます。それでも、目標眼圧に到達しない場合は手術を検討します。

緑内障の方に伝えたいこと

緑内障の治療を続けることは今のあなたには重要とは思えないかもしれません。でも5年後、10年後のあなたには緑内障の治療を続けて視野の悪化のスピードを遅くすることは大事なことです。視野が狭くなり、見たいものが見えにくくなることはとても悲しいことです。緑内障の治療を根気よく続けることで、10年後も笑顔でいられるように一緒に頑張りましょう。

緑内障と似た症状の眼科疾患

  • 視神経症
  • 半盲

ものが見えにくくなった時は、
「年のせい」「これくらい平気」

安易に考えずに、
早めに眼科を受診しましょう。